分娩機関の皆様への産科医療補償制度のご案内

事務手続き

事務手続き(専用Webシステム導入分娩機関)

手順1 妊産婦への登録証の交付

  • 妊産婦に対し、妊産婦向け説明資料「産科医療補償制度のご案内」、補償約款(登録証裏面)にて、補償制度の概要を説明してください。
  • 妊産婦へ登録証「妊産婦記入欄」の記入を依頼の上、登録証(妊産婦用)を交付してください。

手順2 妊産婦情報の登録

  • 登録証(分娩機関用控)の「分娩機関記入欄」を記入の上、専用Webシステムへ妊産婦情報を登録してください。登録完了後は、登録証(分娩機関用控)を必ず保管してください。

手順3 登録証(運営組織用控)の送付

  • 登録が完了した登録証(運営組織用控)は、ひと月分を取りまとめの上、翌月5日(投函日)までに運営組織(産科医療補償制度事務担当)宛てに送付してください。

手順4 妊産婦情報の更新

  • 登録済の妊産婦が、自院の分娩管理を終了した場合、専用Webシステムにて妊産婦情報の更新を行ってください。具体的には、「妊産婦状況」を「分娩前」から「分娩済」などへ更新します。
  • この妊産婦情報の更新結果に基づき、分娩数(胎児数)に応じた掛金が算定されます。
    ※専用Webシステムを導入しない場合は、手順1、手順2(専用Webシステムへの登録を除く)、手順3のお手続きを行ってください。

手順5 領収・明細書へのスタンプの押印

  • 本制度加入機関における分娩について、加入機関の皆様には、妊産婦様に発行する領収・明細書(請求書含む)にスタンプを押印していただくこととなります。
  • 領収・明細書へ制度対象分娩であることを証明する所定の印(スタンプ)を押印の上、妊産婦へ交付してください。
※1
スタンプを押印する際のインクの色は特に指定はありません。
ただし、機構が送付したスタンプ以外の使用は不可です。
※2
フチは大きさを表すイメージであり、印影ではありません。

掛金の振替

専用Webシステム導入分娩機関

  • 補償開始日以降、毎月の分娩数(胎児数)に応じて専用Web システムにて掛金が算定され毎月10日に掛金が確定します。
  • 掛金が確定いたしますと、「口座振替案内(ハガキ)」にて事前に確定掛金額と口座振替日をご案内します。(掛金確定した月の20 日頃)
  • 確定した掛金は、掛金確定月の27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)にご指定口座より振替えます。

専用Webシステムを導入しない分娩機関

  • 分娩機関より報告された「妊産婦状況報告一覧」に基づいて、毎月の分娩数(胎児数)に応じた掛金が決定します。
  • 掛金が確定いたしますと、「口座振替案内(ハガキ)」にて事前に確定掛金額と口座振替日をご案内します。
    (掛金確定した月の20日頃)
  • 確定した掛金は、掛金確定月の27日(金融機関休業日の場合は翌営業日)にご指定口座より振替えます。

事務手続きに関するお願い

登録証交付時

  • 妊娠5ヶ月頃、原則在胎週数22週までに妊産婦へ登録証を交付してください。
  • 登録証の「法人名・分娩機関名」欄は、自院にて必ずご記入ください。(ゴム印の場合は3枚とも押印)
  • 次の点については、妊産婦へ必ずご説明をお願いいたします。

    (1)
    補償開始日以降、自院の管理下における分娩が制度対象であること。
    (2)
    登録証を母子健康手帳に挟み込んで児が満5歳にまるまで大切に保管すること。
    (3)
    転院される場合には、交付した登録証を転院先の分娩機関へ必ず提示すること。

転院妊産婦の取扱い

  • 登録証の交付時、「妊産婦管理番号」は前院にて交付された番号を引継ぎます。
  • 登録証(分娩機関控)において、「他の分娩機関にて登録済み」として記入します。
  • 前院にて、専用Webシステムに妊産婦情報が登録済みである場合には、「妊産婦情報の取込」を行います。

お知らせ

出産育児一時金等の引上げに係るお知らせ

本制度加入機関における分娩について、出産育児一時金等が引き上げられることに伴い、加入機関の皆様には、妊産婦様に発行する領収・明細書(請求書含む)にスタンプを押印していただくこととなります。

加入機関の皆様へは、スタンプとその取扱いマニュアルについて別途ご送付差し上げておりますので、出産育児一時金等の支払いが適切に行われるようにご協力賜りますようよろしくお願い致します。