産科医療補償制度のQ&A

原因分析

Q1.原因分析報告書は、誰の責任のもとに作成されるのですか。
A

原因分析報告書は、運営組織の責任のもとに、原因分析委員会および原因分析委員会部会において作成します。

Q2.本委員会や部会に弁護士の委員が複数いるということは、過失の有無を判断することになるのですか。
A

原因分析は医学的な観点から行い、過失の有無についての判断は行いません。法律家の委員は、原因分析報告書の内容について論点を整理するとともに、この報告書を読む保護者や国民にとって分かりやすい報告書となるよう必要な意見や助言を行います。

Q3.原因分析結果に不服があった場合には、異議申し立てができるのですか。
A

本制度においては、医学的な観点により原因分析を行った報告書を届けることとしており、その内容に不服があった場合に再度分析を行う仕組みはありません。

Q4.分娩機関からの情報と児・保護者からの情報が異なる場合はどうするのですか。
A

分娩機関からの情報と児・保護者からの情報が異なる場合には、それぞれの視点より分析を行い評価し、記載します。必要な場合は、改めて確認することもありますが、事実関係の調査や分娩機関と保護者との意見の調整は行いません。

Q5.原因分析報告書は、分娩機関と保護者に対して同じものが送付されるのですか。
A

分娩機関と保護者に対して同一の原因分析報告書をお届けします。

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Reader® が必要です。
Adobe Reader®(無料)をダウンロード新しいウィンドウが開きます、インストールしてご利用ください。

ADOBE READERのダウンロード